1分でできる、中古パーツを少しでも高く売る方法「相場を伝える」

パーツを高く売る方法

たった1分で、自分が売る車からパーツを外すのはお伝えしました。

そんなパーツを少しでも高く売る方法を一つご紹介します。

しかも、すごく簡単なのに多くの人は実践していません。それは

相場を伝えること

です。すごく簡単だけど、みなさんやってません。

ランキング参加中!応援お願いします

相場を調べるけど、なぜか伝えない人々

例えば、自分のパーツを売ろうと思った時、

大抵はオークションサイトや個人売買サイト、中古パーツ屋の

WEBサイトって見ませんか?

「ああ、今なら200万くらいで買えるんだ」とか

「オークションでは5万円ぐらいで入札が入るんだ」とか。

で、いざ皆さんが売ろうとすると…

特に個人売買で売る際にその相場を特に伝えません。

売買実績のURLを貼り付ける人なんてごくごくわずかです。

ここで大きな損をしているんです。

Yahooオークションはその典型とも言えますが、

決して「同じ金額」では売れませんし、同時開催でも

大幅に安い時もるんです。だから「相場」を伝えるんです。

(伝えた)相場以下に設定すると即決が増える

相場を調べて伝えると、良い金額で売れます。

一つはヤフーオークションの即決です。

通常のオークションだと期日までに競り合いますが、

一定の金額なら今すぐ落札できますよ!というアレです。

相場を調べて、オークションに記載した上で

その相場と同じか少し下に即決価格を設定すると通常よりも売れやすくなります。

価格調査で便利なのは下記の記事にもありますがオークファンが便利です。

例えば自分が持っている商品と同じものを探し出して、

型式や付属品、コンディション等も考慮しながら即決価格を設定します。

また、もちろんですが参考にしたURLも記載してください。

なお、ここでポイントなのが「一番いい数字」を参考にします。

その上でコンディションが全く同じでも、少し下の設定にします。

オークションはその場の雰囲気で「せり上がる可能性」もありまして、

明らかに相場から逸脱した金額で落札されるケースが稀にあります。

その数字を参考にし「更に上」とすると結局即決されないので、

あえて「少し下」に設定をしておくのがポイントです。

また、人によってはしっかりと相場を調べます。

その時に「一番高いのより更に上か!」とならないためにも、

あえて「一番上よりは下」としておくわけです。

たったこれだけの作業でURLを記載しない場合と金額は異なりますし、

過去実績と同額やそれ以上にした時より、過去実績より下に設定したほうが

明らかに即決で売れていく可能性があがります。

厄介なのは「過去相場以上」にした結果皆が離脱してしまい、

オークションとしても対して競らず安価で売れてしまうことですから、

欲をかかずに「過去実績より少し下」に設定しましょう。

オークション相場1万円のものが1.5倍で売れた例

先程はヤフーオークションでしたが、

オークファンの実績や、他の個人売買や中古販売サイトを参考にし、

オークションの相場より1.5倍高く売れたケースをご紹介します。

商品は車載動画撮影を目的としたアクションカムでした。

オークファンを調べると9,000円~12,000円程度。

※下記はでてきた一例です。

ヤフオク!
ヤフオク!は、誰でも簡単に売り買いが楽しめる、日本最大のネットオークションサイトです。圧倒的な商品数を誇るヤフオク!で、落札・出品してみませんか?補償制度もあります。
ヤフオク!
ヤフオク!は、誰でも簡単に売り買いが楽しめる、日本最大のネットオークションサイトです。圧倒的な商品数を誇るヤフオク!で、落札・出品してみませんか?補償制度もあります。

一方、私が売却した金額は15,000円でした。

からくりはとっても簡単、もっと高い「相場」を見せたんです。

Amazon マーケットプレイス ¥24,000-

Amazon 新品(並行輸入品) ¥69,729-

アマゾンのマーケットプレイスも中古や個人売買を含みます。

上記の金額と自分の持っているものがほぼ同じであると確認した上で、

個人売買プラットフォームにAmazonの実績を掲載しつつ、

売却情報を登録したところわずか30分後には購入者が決定しました。

正直、安くしすぎた気もしましたがヤフオクの1.5倍の金額です。

コレを見ても「いつも同じ金額で売れるわけではない」のがわかります。

売却はスピード勝負が多い

さて、先程の「成功事例」を見て

「Amazonなら24,000円で売れたのに、アホなやつ」

と思われた方もいるかと思います。

正直、私も安く売りすぎたとは思う部分もありますが、

中古の売買、特に車など「年式」や「車検(賞味期限)」が

あるものについては「長く待つ」のがリスクである場合も多いです。

Amazonのマーケットプレイスは一部が機械で運用されており、

「最安値以下がでたら、価格を最安値以下に変更する」お店があります。

別の機会でなんどか経験しましたが最後は値引き合戦です。

また、今回のカメラに関してもレビューが良くなかったりしますし、

新たな中古品が出品される可能性も十分に考えられます。

結果、ライバルが増えたり商品価値が下がり価格も下がるわけで…

そうなってしまうと相場としても使えなくなってしまうわけです。

また、今回はパーツですが車の場合は車検や自動車税があります。

車検が切れてしまえば一般人は移動するのが一苦労ですし、

4月を過ぎたら当たり前の自動車税も、

いざ購入の際に「別途必要です」と言われると高く感じます。

結果、車を売却する際のハードルにもなるわけです。

理想を言えば地球上で一番高く売れることです。

ただ、それをするために時間をかけてそもそもの価値が落ちるのは本末転倒。

ですから「今できる事で最大限高く売る」「相場以上で売る」が重要です。

個人的に見た話ですが新型NSXがオークションに出ていました。

当時は国内のバックオーダーもあり、納車は3年待ち、

その業者さんは新車+1000万近いプライスタグを付けておりました。

が、程なくしてアメリカでのNSX不調が伝わると状況は一変、

他のお店にもNSXの中古が新車価格程度で並びだし、

結果的に先の「+1000万」のお店も新車価格並となりました。

もちろん、中古車が新車価格で売れるなら大成功ではありますが、

常識を逸脱した高価格設定にした結果、売る機会を逃したわけです。

余談ですが、その後も売れず「新車価格以下」になっておりました。

車・パーツの売却はタイミングも重要なのわかって頂けたでしょうか。

少し話がずれましたが、タイミング良く高値で売るのが「相場を伝える」です。

ぜひ皆さんもなにかを売却する際には「相場を伝える」をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました